なぞ

ワカンナイ

ゲームディスクの吸い出し方法(FPse向け)

おはようございます。

昨日、FPseを強引にPCで動かして初代AC系のネット対戦が可能にしましたが、

肝心のFPseで使うゲームのイメージファイルの作り方を記載していなかったので

そのやり方をこちらでご紹介したいと思います。

 

【用意するもの】

光ドライブ(CDが読み込める物ならOK、DVDドライブやBlu-rayドライブ可)

ゲームディスク

ImgBurn(イメージファイル作成に使うソフト)

 

【さっそくやってみる】

まずは ImgBurn というソフトウェアをダウンロードしてきましょう。

無料で使える上にメニューなどがわかりやすくて普段使いにもおすすめです。

ダウンロードは以下のサイトからできます。

 

www.imgburn.com

ページの中ほどまでスクロールさせていくと、Newsという項目があり、

そこからダウンロードリンクがありますので、そこからダウンロードします。

ダウンロードの項目が少しわかりづらいので、

以下にスクリーンショットを載せておきます。

f:id:shade2r:20200602080249p:plain

f:id:shade2r:20200602080317p:plain

 

【光ドライブを用意する】

PCにドライブがついていない場合は、別途用意する必要があります。

接続形式は色々ありますが、今から買うならUSB接続のものが手軽でおすすめです。

f:id:shade2r:20200602065022j:plain

画像はBlu-Rayドライブ。 内蔵型なのでPCの内部のSATAケーブルにつなげて使う

【ゲームディスクを用意する】

実はここが地味に難しいところです。

というのも、実はACは色々なバージョンが存在しており、

例えば初期のころに発売された無印版、

そしてthe Best版やPSoneBooks版など、防御係数が違う仕様があったり、

ロード時間に差異があったりと色々違います。

また、今回のテーマであるFPse(PS1エミュレーター)で対戦をする際には、

1P側のゲームディスクと同じバージョンのものを2Pの方も持っていなければ、

ゲームが起動できない仕組みになっていて、ここで躓く方も多いです。

ゲームディスクそのものはamazonなどで数百円程度で取引されていますので、

対戦をやりこむのであれば、複数のバージョンを用意しておくと

色々なプレイヤーと戦うことができるかもしれません。

f:id:shade2r:20200602065218j:plain

初期バージョンのAC1。 実は色々なバージョンが出回っている

【吸い出しのための準備】

上記のアイテムを用意することができたら、

実際にゲームディスクをドライブにセットしてイメージファイル作成を行いましょう。

まずは、ImgBurnのインストールを行います。

先ほどダウンロードしたSetupImgBurn_2.5.8.0.exeを起動し、

画面の指示に従ってインストールを行います。

しかしこの時にちょっと注意が必要です。

そのまま次へ次へ...と進めていくと、

意図しないソフトまで入れられてしまうことがあります。

必ず内容を確認しながら次へ を押してください。

以下に例として出てきた、入れてはいけないソフトの例を出します。

f:id:shade2r:20200602080618p:plain

落ち着いて、左下のチェックボックスを外してNextを選びます。

最後に、ソフトの更新を自動で調べますか?的なメッセージが出るので、

そこはお好みで設定しましょう。

 

【実際に吸い出しを行う】

ImgBurnのショートカットがデスクトップにできているので、

そこからソフトを起動します。

するとメニューが表示されるので、『Create image file from disc』を選択。

f:id:shade2r:20200602081119p:plain

 

黄色いボタンでイメージファイルの保存先を選んでから、

下のCDのアイコンのようなところをクリックすればファイルの作成が始まります。

f:id:shade2r:20200602081410p:plain

時間はしばらくかかるのでコーヒーでも淹れて待ちましょう。

f:id:shade2r:20200602081517p:plain

読み込みが終わると、なんか楽しそうなSEと一緒に以下のようなダイアログが出ます。

f:id:shade2r:20200602082535p:plain

これでゲームディスクのイメージファイルは出来上がりました。

おつかれさまでした!